リノベーション・住宅・店舗・設計・施工の和光

ホーム > 戸建の場合:戸建再生とは? > 戸建の場合:再生の流れ

マンションの場合:再生の流れ

再生へのステップ

step01
構造躯体や既存配管の位置に注意しながら解体を行います。築30年近くの住宅の場合、浴室など水廻り付近の構造体は腐食している事が多いので、補強し慎重に進めていきます。
step01
構造躯体のみに解体し、耐震チェックを行います。経年変化によって劣化・毀損した箇所を交換し、筋違いが不足している箇所には所定断面の筋違いを新設、構造体は金物にて互いに締結します。
step01
補強をした上で壁・天井などの内部工事をします。
並行して老朽化した配管設備を入れ替えていきます。
step01
床のフローリングや壁天井のクロスを施工し、キッチンなど設備機器を搬入します。
step01
全てが一新し、新築同様に生まれ変わりました。自分だけの空間の完成です。

▲ページ上部へ